Komekkun.com / blog






サイト内検索

このブログのRSS
follow us in feedly

Movie のタグがついた記事

見た映画のこと
このタグのRSS

モテキ (ドラマ版)

Movie 2018/11/21(Wed) JST

映画タグつけているけれど、見ていたドラマの話。
Amazon prime videoでモテキ(ドラマ版)を見ていた。
モテキ(ドラマ版) | Amazon prime video

「29歳童貞の主人公にモテ期が訪れ、今まで知り合っていた女の子たちから突然連絡がバンバン来まくるようになる」というところからスタートする話。
タイトルやあらすじ的に、ハーレムモノなんじゃないかと思って見始めたが、そんなことはなく、モテ期といえばモテ期なんだろうけど「理想的・ファンタジー的にモノゴトがホイホイ進んでいく」という訳では無いところが面白かった。

...[Read more]

Comment(0)


マスク(字幕版)

Movie 2018/11/03(Sat) JST

マスク(字幕版) | Amazon ビデオ
だいぶ昔、小学生の頃くらいに見たことがあった映画。
平凡な主人公イプキスが、拾った謎のマスクを被ると緑のマスクマンに豹変して、パーティナイトでフィーバーする。
小さい頃に見た際には「マスクを付ける=陽気なキャラになる」かと思っていたけれど、今回見たところ、マスクをつけるといつもは抑えている自分の中の欲望が露わになるというものだった。陽気なキャラも主人公のこうなりたいという欲望だし、すごい速さで回転したり走ったりする描写や、潰されてペタンコになったり銃に撃たれたとき ...[Read more]

Comment(0)


アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

Movie 2018/10/28(Sun) JST

Amazon primeで見ていた映画その2。
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
過去に戻れるタイムトラベルができる家系の青年の話。
21歳になると、その家系の男だけタイムトラベルができるようになると父から教えられる。ただ効力は大きすぎるわけではなく、過去にしか飛べなかったり、自分が生まれる前には行けなかったり、世界の歴史を帰るような大きなことはできず自分の身の回りのことだけにしか効果がないというもの。
いわゆるタイムリープ物の作品にある、世界を救うみたいな大きな内容ではなく、一人の庶民の人生のなかだけで人生をやり直せたら何ができるのか?というような作品だった。

以下、ネタバレ注意。

...[Read more]

Comment(0)


イエスマン"YES"は人生のパスワード

Movie 2018/10/27(Sat) JST
[↓ Show ↓]

イエスマン"YES"は人生のパスワード
Amazon primeで見ていた映画。

友達の誘いだったり仕事だったりに、なんでも"NO"で答えていた主人公が、合うきっかけですべてに"YES"で答えるようにしてから人生が回り始めるという話。後半では「ただ単になんにでもYESと言えば良いわけではない」って話につながっているところが良い。

以下、ネタバレ注意。

...[Read more]

Comment(0)


「カメラを止めるな!」

Movie 2018/09/29(Sat) JST
[↓ Show ↓]

映画「カメラを止めるな!」を見てきました。
公式サイトに掲載されている映画のあらすじを引用すると、

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。

こんな感じ。このあらすじの続きが本作の本質的な部分で、自分はとても楽しめました。
これから見に行く予定という人は、ネタバレは見ずに見に行ったほうが楽しめるだろうと思います。

以下、ネタバレを含むので、まだ見ていない人は注意。

...[Read more]

Comment(0)


バーフバリ

Movie 2018/09/17(Mon) JST
[↓ Show ↓]

Amazonプライムビデオのレンタルでバーフバリを見てました。
バーフバリ 伝説誕生(字幕版)
バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)
約140分x2本で、4時間半以上の超大作。
前々から見たかったのに加え、
インド映画”バーフバリ”が斬新で面白すぎたよ【映画感想】 | まめきちまめこ ニートの日常
この映画感想漫画でさらに気になっていたのでついに見れました。

...[Read more]

Comment(0)


「パシフィック・リム:アップライジング」

Movie 2018/05/04(Fri) JST
[↓ Show ↓]

前に見た「パシフィック・リム」の続編、映画「パシフィック・リム:アップライジング」を見てきました。

ネタバレあるので注意。

...[Read more]

Comment(0)


「きっと、うまくいく」

Movie 2018/04/16(Mon) JST
[↓ Show ↓]

Amazon Prime Videoでインド映画の「きっと、うまくいく(字幕版)」を見ました。
2時間50分という長編でしたが、途中飽きることもなく面白かったです。インド映画らしいダンス要素もあったし。

「男はエンジニアに、女は医者になれ。それ以外は価値は無い」という競争至上主義の学長が取り仕切る大学。そこに入学してきた、価値観を打ち破る自由人な学生ランチョーがその親友二人と一緒にいろいろしでかしていくというお話。
競争社会のプレッシャーによる自殺の問題とか、1番になること以外に本質的に大切なことがあるというテーマが感じられて、今の世の価値観を疑問視させられる映画でした。

(下につづく)

...[Read more]

Comment(3)


映画「トゥルーマン・ショー」「パシフィック・リム」「デッドプール」「ゼロ・グラビティ」

Movie 2017/10/24(Tue) JST
[↓ Show ↓]

この前、飛行機に乗った際に見ていた映画たち。

「トゥルーマン・ショー」


普通の生活を送っていたと思っていた20代の男が、実は生まれたときから今までずっとテレビ番組で放送されていて、周りの人全員が仕掛け人、町まるごとが番組用のセットだという話。話のあらすじは知っていたけれども、最後にテレビ番組でしたってわかるどんでん返し的な話ではなく、最初からちょっとずつ気づく要素があったのがちょっと意外でした。主人公が少しずつ違和感に気づいていき、妨害や町から出られないように植え付けられたトラウマに立ち向かって行く過程がおもしろかったです。自分の境遇を悟っても主人公の性格はいいものだったし。番組の視聴者に日本人家族もいたのがほほえましかった。

...[Read more]

Comment(0)


「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」

Movie 2017/05/05(Fri) JST
[↓ Show ↓]

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 | Amazon ビデオ

特に見たいテレビも無い時にAmazonプライムで映画見ていました。
この前はロボとーちゃんを見ていましたが、今回はユメミーワールド。これも評判の良い作品らしいので見てみました。

以下、ネタバレ注意。

...[Read more]

Comment(0)


「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん 」

Movie 2017/04/30(Sun) JST
[↓ Show ↓]

映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん | Amazon ビデオ

Amazonプライムビデオでいろいろと映画が見れるので試しに見ていたもの。
クレヨンしんちゃんのロボとーちゃんです。
クレヨンしんちゃんの映画は感動的な物が多く、これも同様でした。クレヨンしんちゃんのどの映画も基本的には家族愛がメインになっていると思います。

以下、ネタバレ注意。

...[Read more]

Comment(0)


『ポッピンQ』を見てきた

Movie 2017/01/19(Thu) JST
[↓ Show ↓]

劇場アニメ「ポッピンQ」を見てきました。
劇場アニメ「ポッピンQ」 | 公式サイト

見ようと思ったきっかけは、ネットでポッピンQの情報を見かけて、キャラクター原案が黒星紅白さんだったことから。
もともと時雨沢恵一さんの作品が好きで、黒星紅白さんはその挿絵を担当しているんですよね。キノの旅とか、アリソン、リリア、メグなどなど。その他にも、黒星紅白さんのキャラデザ・キャラ原案といえばサモンナイトシリーズや、アニメだと「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜」とか。そして、黒星紅白さん自身がプリキュア好きで、よくプリキュアのイラストを描いているのを見かけます。ズヴィズダーも正義の戦隊のほうが少しプリキュアっぽかったり、この「ポッピンQ」もプリキュアっぽさが溢れていたり。プリキュアが好きでプリキュアっぽい作品に関わっていることが原因でプリキュアのキャラデザに呼ばれなくなってしまうのではと勝手に心配しています。

ということで、自分が「ポッピンQ」を見に行った理由としては、第1に黒星紅白さんがキャラクター原案であること。その他の理由としては、ちょうど暇な時間があったことと、話の内容として"時間"がテーマになっていること。そんな理由でポッピンQを見てきたのでした。プリキュアっぽいからもうちょっとプリキュアに詳しければより楽しめたんでしょうけど、自分はそこまででもなかったのでしょうがないです。

以下、ネタバレ注意です。

...[Read more]

Comment(0)


この前みた映画「フラワーショウ!」「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

Movie 2016/10/20(Thu) JST
[↓ Show ↓]

この前、飛行機に乗った際に見ていた映画たち。

「フラワーショウ!」


「フラワーショウ!」公式サイト
日本では上映している映画館が少なめと聞いていたので、飛行機の映画リストで見つけてせっかくだから見ておこうと思った作品。
アイルランドの女性が、イギリスの有名な庭コンテスト「チェルシーフラワーショー」に出典するまでのお話。
幼少期の森で遊んでいた経験から「現在の庭は、人工的なものばっかり!もっと自然と人が共存する庭が良いんだ」という主張で庭をデザインし、野草に詳しい人とか古来の石の建造ができる人を集めてフラワーショウに挑むお話です。
実話に基づいた作品で、主人公も実際いた人がモデルになっていたり、途中出ててくる砂漠の緑地化をする団体の日本人の人もエンドロールに名前が載っていました。
最後に完成する庭は、自然の中の人間の居場所みたいな雰囲気が出ていて、こういうところでのんびりしたいなという感じでした。

また、野草に詳しい男性に協力を求めるのですが、その人は砂漠の緑地化の活動のほうが大事だとエチオピアに行っており、その人に協力してもらうためにエチオピアまで出向いて緑地化を手伝う場面があります。男性は「緑地化して土砂崩れ等の災害を防いだり、水や食料を確保できるようになれば良い」という物理的に支援・向上させる考えで活動していました。そこで主人公の女性が、手伝ったり民族の文化に触れているうちに、「水場は特別な場所だから利用する人に愛されるものにすべき」と考えて、庭をデザインする要領で水場の緑地化を民族の文化的な雰囲気もある空間にデザインするという場面が印象的でした。
砂漠に緑を戻すのは重要だけれど、ただ植えるだけではなく、そのうえさらに人の生活に精神的な癒やしを与えられるものとしてデザインするというのは付加価値としてかなり大きいです。また、野草に詳しい男性に協力を求めるための要素としても、今までは言葉で説得するだけだったけれど、実際に庭のデザインでどう良くなるのかを実践して認められるというのは納得がいく流れでした。

...[Read more]

Comment(0)


映画「シン・ゴジラ」を見てきた

Movie 2016/08/19(Fri) JST
[↓ Show ↓]

映画「シン・ゴジラ」を見てきました。

自分の小さいころに見ていたゴジラは、「コジラvsモスラ」や「ゴジラvsデストロイア」のような、怪獣同士が戦うというものでした。なので、その頃はゴジラが擬似的にヒーローになって敵の怪獣を倒すというわかりやすい内容でした。一方で、今回の「シン・ゴジラ」は、ゴジラという日本を襲うある種の未知の災害に対して日本人はどう対処するのかという、政治的や軍事的な部分が内容の大きな部分を占める話でした。そういう点で言うと、小さい頃に見た子供向けの映画というよりかは、大人向けに作られている作品です。

以下、ネタバレ注意。

...[Read more]

Comment(0)


Komekkun.com / blog / [タグ]Movie

Copyright © 2013-2018 Komekkun All right reserved.