Komekkun.com / blog

Book のタグがついた記事

読んだ本に関するもの
このタグのRSS

夜と霧 (V. E. フランクル)

Book 2020/09/21(Mon) JST

夜と霧 | Amazon
夜と霧 新版 | Amazon

第2次世界大戦中に、アウシュヴィッツの強制収容所の支所に収容されていた心理学者 ヴィクトール・E・フランクルの著書。
だいぶ前から読もうと思っていて、やっと読めた。
自分が読んだものは旧版(初版が1961年)のものだったので、日本語が古い感じで多少読みにくかった。新版が出ているのでそちらのほうがたぶんおすすめ。

強制収容所の体験を主観的に書くのではなく、心理学者としての視点から、囚人の内的な状態を客観的に書いたことが特徴の本。妻の死についても、「その時妻はすでに殺されていたのだ」の1文のみという客観的な記述。そのため、収容所の悲惨さが伝わるとか感情を揺さぶるというよりかは、淡々と極限状態の人の心理的な状態について自らも体験し、周囲を観察した立場から報告した本になっていた。

...[Read more]

Comment(0)


欲が出ました(ヨシタケシンスケ)

Book 2020/09/07(Mon) JST

欲が出ました(ヨシタケシンスケ)|Amazon

この前読んだヨシタケシンスケさんのエッセイの2作目。
今回も、こういうのあるな〜と思う話がたくさん。
共感できるものが多いのは、ヨシタケシンスケさんの考え方に、自分と似ているところがあるからなのかもしれない。できるだけ怒られないように暮したいとか。
そもそも、ヨシタケさんの絵本やエッセイがベストセラーになっているということは、ヨシタケさんの考え方に共感できる人が意外と多いからってことなのかもしれない。

...[Read more]

Comment(0)


思わず考えちゃう(ヨシタケシンスケ)

Book 2020/08/30(Sun) JST

思わず考えちゃう(ヨシタケシンスケ) | Amazon

絵本で有名なヨシタケシンスケさんの、イラストエッセイ。

...[Read more]

Comment(0)


マンガでわかる! 子どものアトピー性皮膚炎のケア

Book 2020/06/09(Tue) JST
[↓ Show ↓]

マンガでわかる! 子どものアトピー性皮膚炎のケア

2020年5月に読んでいた本。
アトピーに関するもの。小児科の人が著者なので信頼できる。
漫画でわかりやすく説明しているパートと、同じ内容を引用やデータを絡めて詳しく文章で説明しているパートがセットで出てくる。

...[Read more]

Comment(0)


小児科医ママが今伝えたいこと! 子育てはだいたいで大丈夫

Book 2020/06/04(Thu) JST
[↓ Show ↓]

小児科医ママが今伝えたいこと! 子育てはだいたいで大丈夫

2020年5月に読んでいた本。
前半は、出産や育児にまつわるネット上や昔からの真偽の怪しい話に関して、間違っているものを説明していっている。例えば、無痛分娩とか母乳神話とか反ワクチンとか。

...[Read more]

Comment(0)


風の谷のナウシカ 漫画版

Book 2020/04/26(Sun) JST
[↓ Show ↓]

「風の谷のナウシカ 全7巻」(宮崎駿)

腐海が広がっていく世界と、昨今のウイルスの拡がりに近いものを感じながら読んでいた。
「風の谷のナウシカ」のアニメ映画は何度も見たけれど、漫画を読むのは初めて。
アニメ映画の内容は、漫画(全7巻)のうちの2巻まで。しかも、アニメのほうは時間内にまとめるために話もすこし変わっていたんだなと分かった。アニメ映画を見ていたときは、クシャナが戦争している相手がだれなのか全く理解していなかったし。
ただ、映画の方でも、ナウシカの世界観や、普通の人は敵対する存在である蟲にまでナウシカが心を開き開かせる感じは伝わってきていたので、その先の話がどうなるのかを漫画版で読めたのは良かった。

以下、ネタバレがあるかも。

...[Read more]

Comment(0)


「いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道」(新渡戸稲造)

Book 2020/04/11(Sat) JST
[↓ Show ↓]

いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道 (PHP文庫) Kindle版
新渡戸稲造(著), 岬龍一郎 (翻訳)

新渡戸稲造といてば、旧5千円札の肖像画にも起用されていた眼鏡の人。
お札で顔は見ていたけれど、どんなことをした人なのかは詳しく知らなかったので、kindleで著書を読んでみた。

...[Read more]

Comment(0)


漫画 メイドインアビス

Book 2020/04/04(Sat) JST
[↓ Show ↓]

メイドインアビス(1) Kindle版 つくしあきひと

メイドインアビスの映画の話の最後にも書きましたが、メイドインアビスの原作の漫画もkindleで最新巻(8巻)まで買って読んでいました。

...[Read more]

Comment(0)


「ごはんぐるり」(西加奈子)

Book , Food&Cooking 2020/02/14(Fri) JST
[↓ Show ↓]

ということで、料理と食べ物のエッセイを読んでいた。
「ごはんぐるり」(西加奈子)

直木賞受賞作家の西加奈子さんの食べ物に関するエッセイ。

...[Read more]

Comment(0)


ネットと本と

Blog , Book , My thought 2020/02/06(Thu) JST
[↓ Show ↓]

昨年の12月ごろから本を読むようにしている。
小説が多いけれども、専門的な内容のものも図書館で借りてきたり。
近頃はネットのニュースや記事を読む時間が増え、その一方で本を読む時間はとても少なくなっていた。ただ、改めて本を読んでみると、ネット記事よりも質が高いものが多く、もっと時間を本を読むことに割いたほうがいいなと感じた。小説家の文章はやはりうまいと思うし、専門的な内容の本は必要な情報がよくまとまっているし、信頼して読める安心感がある。

...[Read more]

Comment(0)


「マリーの愛の証明」(川上未映子)

Book 2020/01/25(Sat) JST
[↓ Show ↓]

「マリーの愛の証明 (Kindle Single) 」(川上未映子)

最近、寝る前にkindleで本を読むことが多くなってきている。
これもそのひとつ。
数週間前に、NHKの「あさイチ」に川上未映子さんが出演していたのが記憶に残っており、prime readingでたまたま川上未映子さんの作品を見かけたので読んでみた。
Kindleだけで配信されている作品らしく、寝る前読書でも2日で読めたので短めの話だった。

...[Read more]

Comment(0)


「ぶたぶた」(矢崎存美)

Book 2020/01/21(Tue) JST
[↓ Show ↓]

「ぶたぶた (徳間文庫) 」(矢崎存美)

これもprime readingで読んだ。
短編小説集で、日常生活のどこかにぶたのぬいぐるみが出てくる。しかも、そのぶたのぬいぐるみは、人間のように振る舞っていて主人公以外はあまり違和感なくぶたに接しているというちょっと不思議な世界。

...[Read more]

Comment(0)


「おうむの夢と操り人形」(藤井 太洋)

Book 2020/01/10(Fri) JST
[↓ Show ↓]

「おうむの夢と操り人形」(藤井 太洋) | Amazon

Amazonのprime readingが便利だったのでこの本もそこから。
短めのSF小説。ソフトバンク社のPepperだと思われるロボットが登場するので、最近のロボットやスマートスピーカから出発する物語。ロボット開発者が雑談をするためのアルゴリズムとして、「オウム返し」のプログラムをつくり、それによって人形ロボットの用途が生まれるという話。

...[Read more]

Comment(0)


「美味礼讃」(海老沢泰久)

Book , Food&Cooking 2020/01/07(Tue) JST
[↓ Show ↓]

美味礼讃 (文春文庫) Kindle版, 海老沢泰久 | Amazon

12月の半ばくらいから、夜寝る前に読んでいた本。美味礼讃(びみらいさん)。
Amazonのprime readingなら無料で読める。(もうprime readingの枠からなくなったみたい)

辻調理師専門学校の校長である辻静雄をモデルにした小説で、ノンフィクションとフィクションの間のような作品。
日本のレストランで提供される西洋料理が、本場とは異なる日本独自のものだけだった時代に、本物のフランス料理を知り本物のフランス料理を作れる料理人を育てる学校を作った人のサクセスストーリー。
高度な料理人の作った高級な料理を楽しむことがどんなことなのか、この小説でなんとなくわかったような気がしたし、少しの妥協も許さずにフランス料理という分野の探求を続ける辻静雄の姿勢は、フランス料理以外の分野の専門家にも通ずるものがあった。

...[Read more]

Comment(0)


「変身」(フランツ・カフカ)

Book 2019/08/10(Sat) JST
[↓ Show ↓]

「変身」(フランツ・カフカ)
有名な作品。青空文庫なので無料で読める。自分の場合は、Kindleで無料でダウンロードして読んだ。
内容は、家族のために忙しく働いていた青年が朝起きると毒虫に変身していたというもの。
以下はネタバレが含まれるかも。

...[Read more]

Comment(0)


「SPY×FAMILY」( 遠藤達哉 )

Book 2019/08/04(Sun) JST
[↓ Show ↓]

[1話] SPY×FAMILY | 少年ジャンプ+
1話、2話と最新の2話が無料で読める。

SPY×FAMILY 1 | Amazon
単行本の1巻。

少年ジャンプ+で隔週連載している漫画。
面白いので1話からずっと読んでおり、最近出た単行本の1巻も買った。
スパイの男が、任務を遂行するために仮初の家族をつくるという話。父はスパイで、母は殺し屋、娘はエスパー。しかも、各々の素性は家族にもバレてはいけないので、本当の目的を秘密にしながら家族になり、生活を始めるという。

...[Read more]

Comment(0)


「生きているのはなぜだろう。」(作 池谷裕二 / 絵 田島光二)

Book 2019/07/28(Sun) JST
[↓ Show ↓]

ほぼ日の絵本。
「生きているのはなぜだろう。」(作 池谷裕二 / 絵 田島光二)

ほぼ日のリンク
Amazonのリンク

絵本という形式だけれども、教授の方が伝えたい内容を文字にし、映画などのコンセプトアートを描いている方が絵に起こしたという、大人向けの絵本。

...[Read more]

Comment(0)


「のんのんばあとオレ」(水木しげる)

Book 2019/05/19(Sun) JST
[↓ Show ↓]

「のんのんばあとオレ」(水木しげる)

この前の追悼水木しげる ゲゲゲの人生展関連の話で、「のんのんばあとオレ」の漫画を読んでました。

...[Read more]

Comment(0)


「TSUGUMI(つぐみ)」(吉本ばなな)

Book 2018/12/25(Tue) JST
[↓ Show ↓]

TUGUMI(つぐみ) 吉本ばなな | Amazon

東京の大学に通い始めた女の子が、夏休みに、生まれ育った海辺の旅館に帰る。そこでの、一緒に育った親戚の女の子のつぐみや、その姉の陽子ちゃんたちとのお話。

...[Read more]

Comment(0)


「大家さんと僕」(矢部太郎)

Book 2018/07/23(Mon) JST
[↓ Show ↓]

「大家さんと僕」(矢部太郎) | Amazon

芸人のカラテカ矢部太郎さんと、一階に住む大家さん(87歳)のできごと漫画。
挨拶には「ごきげんよう」を使ったり、タクシーで伊勢丹の高級たらこを買いに行くいいとこのおばあさん感がある大家さんと、あまり売れていない芸人の矢部さんの組み合わせがのんびりしていていて癒やされる。

...[Read more]

Comment(0)







サイト内検索

このブログのRSS
follow us in feedly
Komekkun.com / blog / [タグ]Book

Copyright © 2013-2020 Komekkun All right reserved.