Komekkun.com / blog






サイト内検索

このブログのRSS
follow us in feedly

自家製スモークをしてみた

Blog 2017/10/11(Wed) JST

気づいたらネット料金だったかのポイントが溜まっていたので、前々から「あったらやってみたいけど買うほどでも無いな」と思っていた自家製スモーク鍋をポイントで手に入れました。

...[Read more]

Comment(0)


D-0 FixerS限定デッキ 5C苦諦 黒単朱塗坂

D0 2017/10/03(Tue) JST

11月に仙台にて「Fixer : in Sendai」というFixerS限定構築のイベントがあるので、それ関連として自分がFixerS限定で組んでみたデッキを貼っておきます。

この前の全最に持っていって、同じくF限を持ってきていた春篠さんと回していた時のデッキです。

デッキ名: F限 5C苦諦
作成者: komekkun
(デッキ作成サイトで見る)
禁呪合計: 0
メインデッキ
【ユニット】
3×《〝義侠心〟肋讃》
2×《〝陽炎の長老〟為洲 答螺》
3×《〝拾得者〟脊印》
3×《〝棄国の騎士〟菩提 鏡花》
3×《〝棄国の隷属者〟亞曇 壱英》
3×《〝棄国の皇子〟玖珂 白陽》
2×《〝棄国の皇女〟玖珂 白帰》
3×《〝閉封世界〟苦諦》
2×《杜の轢殺 スロウ》
3×《〝試用手〟バアス》
【ベース】
2×《局地破滅装置》
【ストラテジー】
2×《鬼眼の三策》
1×《試作兵装》
1×《超常發現:稲妻》
3×《商材の三策》
2×《有私有偏》
2×《リリーテの判断》

サイドボード
【ユニット】
2×《〝剛龍腕〟緋裔》
2×《〝孤軍将〟貞圀 征匳》
【ストラテジー】
2×《大物食い》
2×《追放》
1×《試作兵装》
1×《超常發現:稲妻》

...[Read more]

Comment(0)


D-0全最2017レポート

D0 2017/09/25(Mon) JST

2017年9月23-24日に開催されたディメンション・ゼロ全日本最強決定戦2017の参加レポートと使用デッキです。
すでにところどころうろ覚えのところあり。

使用デッキ


デッキ名: 緑白
作成者: komekkun
(デッキ作成サイトで見る)
禁呪合計: 0
メインデッキ
【ユニット】
3×《兎娘キューティ・バニー》
2×《綿毛のフェアリー》
2×《カオスビースト・スキュラ》
3×《虹に乗るフェアリー》
2×《狼王ロボ》
3×《象砲手バルカン》
3×《カオスビースト・ゲンブ》
2×《魔獣王ティラノギア》
2×《大巨人ムーン・イーター》
3×《聖騎士ホーリー・アロー》
2×《バトルフィールド・エンジェル》
2×《太陽の弓の乙女》
【ベース】
2×《妖精の風車》
2×《密林の孤城》
【ストラテジー】
2×《生命の門》
1×《エメラルド・ソウル》
1×《ケイオス・ハンド》
2×《ガーディアン・ソウル》
1×《大いなる神の手》

サイドボード
【ユニット】
3×《グレン・リベット》
1×《バトルフィールド・エンジェル》
【ベース】
3×《ペガサス・ファーム》
【ストラテジー】
1×《ケイオス・ハンド》
2×《神々の雷》

...[Read more]

Comment(2)


D-0町田会2017/09/13 黒緑 白緑

D0 2017/09/20(Wed) JST

Comment(0)


D-0 プランの成功と3枚積み

D0 2017/09/17(Sun) JST
[↓ Show ↓]

ディメンション・ゼロのルールの特徴の一つにプランというシステムがあります。エネルギーを1払えば山札の一番上のカードをめくってそのカードを使えるというものです。
手札に加わるほどのメリットは無いですが、ちょうどよいカードがめくれれば、手札一枚分お得になったり、擬似的なドローの楽しみがあって面白しさの一助となるシステムです。

プランで状況にあったカードがめくれると成功なのですが、運次第なので失敗することも多いです。自分の経験上、プランが成功する際の稀によくあるパターンがあって、それがデッキ構築でも3枚積みとも関わっているのでそのことに関しての記事です。

...[Read more]

Comment(0)


D-0 グランプリ1環境の掘り出し記事

D0 2017/09/16(Sat) JST
[↓ Show ↓]

I-1環境の参考にしようと、ディメンション・ゼロのグランプリ1時代の記録や記事を掘り出していたものを貼っておきます。

GPX1の記憶 | ゼロジゲン
GPX1優勝のTAKUYAさんの前日予選から本戦当日までの記録が読めます。

DMFAN-BLOG 1
DMFAN-BLOG 2
グランプリ前の調整やグランプリのレポートなど。上位8位のメインデッキのカード利用率の集計もあります。

jspeed くされにっき
最近だとMtGの日本選手権で優勝したjspeedさんの、GPX1当時のブログ。

...[Read more]

Comment(0)


D-0全最2017予選上位デッキまとめ

D0 2017/09/15(Fri) JST
[↓ Show ↓]

9月23-24日開催のD-0 全日本最強決定戦2017まであと1週間くらいということで、予選の上位デッキを見返して本戦用のデッキを作るためのまとめです。

...[Read more]

Comment(0)


そごう美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ展

Design&Art 2017/09/15(Fri) JST
[↓ Show ↓]

そごう美術館で行われていた「[没後500年記念]レオナルド・ダ・ヴィンチ展 〜天才の「手」から生まれた未来への夢」を見てきました。

...[Read more]

Comment(0)


D-0町田会2017/09/13 黒緑ビート

D0 2017/09/13(Wed) JST

Comment(0)


D-0全最2017名古屋予選レポート

D0 2017/09/04(Mon) JST

Comment(0)


D-0町田会2017/08/30 青緑歌劇場 黒赤通廊

D0 2017/08/31(Thu) JST

Comment(0)


「雑談は正直だ」と、酔っている状態の話題

Blog , My thought 2017/08/22(Tue) JST
[↓ Show ↓]

ほぼ日の今日のダーリン(2017年8月22日)の話題が雑談なのですが、そこに出てくる「雑談は正直だ」というフレーズが印象的で、前々から僕が思っていたことともちょっと近いなと感じました。


 ぼくが、そういうこと以上に大事だと思っているのは、
 「雑談は正直だ」ということなんですよね。
 話す「べき」テーマでもないのに、ついつい話す内容は、
 「ほんとに思っていることばかり」なんです。
 じぶんの思いや考えを、じぶんの口から、
 じぶんのことばで発していて、損も得もなく、
 しゃべっていることそのものがたのしい、これが雑談。
 話す主体が「正直なじぶん」であるような流れで、
 ミーティングが進むのが、なによりだと思うのです。
 さまざまなコンテンツや、しくみのことについても、
 「雑談」をするときの正直さで、
 じぶんのことばで話すのは、とてもいいことなんです。

...[Read more]

Comment(0)


「常識として知っておきたい「美」の概念60」(城 一夫)

Book , Design&Art 2017/08/14(Mon) JST
[↓ Show ↓]


「常識として知っておきたい「美」の概念60」(城 一夫)

...[Read more]

Comment(2)


「オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで」(窪薗 晴夫 編)

Book 2017/08/13(Sun) JST
[↓ Show ↓]

「オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで」(窪薗 晴夫 編)

...[Read more]

Comment(0)


「仕掛学」(松村真宏)

Book 2017/08/12(Sat) JST
[↓ Show ↓]

「仕掛学」(松村真宏)

...[Read more]

Comment(0)


D-0町田会2017/08/09 緑白ファーム

D0 2017/08/10(Thu) JST

Comment(0)


D-0 国立イベント 2017/08/05 黒緑コスモ 白単

D0 2017/08/06(Sun) JST

Comment(0)


ドメイン移管をした話

Server , Service improvement 2017/08/04(Fri) JST
[↓ Show ↓]

このブログも置いている"komekkun.com"のドメインは、もともとお名前.comで取得していたのですが、whois情報の代理公開サービスが有料で個人情報が公開されてしまうので別のところにドメイン移管をしようと思っていました。

いろいろと調べてみて、ムームードメインがwhois代理公開サービスも有料で良さそうだったためココに決定。

ドメイン移管の説明のページを参考にやっていったら、登録や届いた確認メールでの承認などの作業だけで意外と簡単に済みました。

作業中に自分が初めて知ったこととか書いておきます。

...[Read more]

Comment(0)


TCGの不完全情報が完全情報になるとき

自作&ゲームデザイン 2017/08/02(Wed) JST
[↓ Show ↓]

前回の記事で、TCGっぽいボードゲームのひとつとして「きょうあくなまもの」を紹介しました。

その際に、「きょうあくなまもの」のルールやプレイの様子を知るため、プレイ動画を見ていたのですが、そこで少し気になったことが。

見ていた動画はコレです↓
長い動画ですが、今回の記事で重要なのは1:55~2:30の部分です。

東京人狼学園がきょうあくなまものをプレイしてみた。その0001

...[Read more]

Comment(0)


TCGっぽいボードゲーム「ダンゲロス」「きょうあくなまもの」

自作&ゲームデザイン 2017/07/30(Sun) JST
[↓ Show ↓]

自身の自作TCG製作が滞っている状態がずっと続いています。
最近思うのが、TCGを個人で作るのはなかなか難しいんじゃないかなということ。
そんな中でネットでTCGっぽいゲームやそれに関する記事などを読んでみると、TCGそのものではなく、「TCGの面白さを取り入れたボードゲーム」という形式でも十分面白いものができそうだなと感じました。そちらのほうが遊ぶためのハードルも低くなりそうだし。

この記事では、個人的に参考になったTCGっぽい2つの作品と、その製作者の考えが書かれている記事を紹介します。
一つ目は、TCGのデッキ構築の面白さにフォーカスした作品。
二つ目は、TCGのプレイ中の駆け引きにフォーカスした作品です。

それでは、一つ目のほうから。

...[Read more]

Comment(0)


Komekkun.com / blog

Copyright © 2013-2017 Komekkun All right reserved.
スポーツサプリメント