Komekkun.com / d0-rss

title_image ディメンション・ゼロ 情報収集&デッキ作成サイト

345 赤緑コロボックル 大会レポ

被閲覧回数: 94
レギュレーション:
デッキ作成者: ギド
  • 公開 状態
  • memo

    5/6 関東最強決定戦で使用。

    ウィニー寄りのコロボックル。 前日までは白黒のバニラコントロールで参加しようと思っていましたが、直前の調整で赤単、赤緑コロボックルの速度には間に合わないと判断して、赤緑コロボックルにチェンジしました。

    1回戦 風歌さん(白単ビート) ○✕✕
    お犬様に愛されてました。あと、ホワイトレディにも愛されてました。流石風歌さん……!
    耐性白に苦しめられる。 白に不利になってしまうのは、構築ミスだったなぁと思います。大巨人の盾は必要だったなぁ。

    2回戦 青単  ○○
    理想的な立ち回りで先制できたと思います。ただ、ユニットをプレイするラインを間違えてしまい、お相手のストームドライブ横移動が見えて無かった場面があったので猛省。

    3回戦 緑単 ○○
    1本目だったか、お相手バニースタートの返しにマキリプレイで決着など、やはりVバルカンをしっかり引き込まないと緑単は厳しいなぁと思いました。今回の345構築、最初は自分も緑単、青緑ガロンウッディとか楽しそう……と思っていましたが、ここまでマキリが環境にいると苦しいですねぇ。

    4回戦 南さん(赤単)✕○✕
    今回苦しかったのがこのマッチアップ。赤緑コロボックルより更に展開力と速度が上の赤単にはほんと捌き切ることができませんでした。特にマスター一閃ブレードとドン・ド・ドーンが小さいエリザベスと化して盤面支配されてしまい、本当に辛かった……。 

    5回戦 Aliceさん(赤緑ファッティ)✕✕
    とてもよく練られたデッキだなぁと惚れ惚れしました。
    大樹悪戯ブースト、盤面を返されてしまってからの受けの広さに何もできませんでした。 初戦はプレミしてからの大巨人の盾ラインのリムセを返せず、あっさり投了してしまったのがほんと申し訳なかったです。ああいうプレイングをしてしまうのがまだ甘い所。

    6回戦 緑単刀匠 ○○
    3回戦目の緑単と同じく、こちらがスマ先行してからの展開で盤面取っていけました。 カンゼミズとマキリ強い。

    結果、3勝3敗の9点で11位でした。

    お互いマキリゲーになった時の後手番でのプレイングなど、しっかり練習しないといけないなと思いました。デッキとしても一度盤面返されちゃうと滅法弱くなってしまう所、初手にVシュシュがいないと速度が出ない所など、構築に甘い部分が多かった。これなら赤単使ったほうが良かったなぁと。

    もう一つは、この345環境で白ビートは辛いんだろうなぁと、まったく検討しなかったのが本当に勿体無かった。 しっかりD-0に時間を取ってデッキ選択していかないといけないですね…。あと練習。次はちゃんと練習して望みたいです。


    Twitterで共有する→
    貼付け用デッキレシピ(クリックで表示)
    デッキ名: 345 赤緑コロボックル 大会レポ
    作成者: ギド
    (デッキ作成サイトで見る)
    禁呪合計: 10
    メインデッキ
    【ユニット】
    3×《夢を見るモコロ》
    3×《大地の守り手モシリ》
    2×《海の守り手アトゥイ》
    3×《焔魔カンゼミズ》
    3×《消えない涙トゥペケンヌペ》
    3×《光の勇者マキリ》
    3×《友情の風スムレラ》
    3×《ファンシーカット・アイオライト》
    3×《どんぐりの実ニセウ》
    3×《命の歌声シュシュ》
    3×《細い葉の柳シュシュ》
    【ストラテジー】
    2×《スカーレット・シャワー》
    3×《真紅の衝撃》
    3×《バニー・フラッシュ》

    サイドボード
    【ユニット】
    3×《マグマ・ダンサー》
    2×《ライトニングホーン・ドラゴン》
    3×《クリムゾン・ドラゴン》
    【ベース】
    1×《マントルを漂う遺跡》
    【ストラテジー】
    1×《スカーレット・シャワー》

    下のhtml書式をコピーしてブログなどに貼付けできます。

    このデッキへのコメント(0件)

    新しいコメントを投稿

    ユーザとしてログインしているとコメントが残せます。
    ログイン



    Copyright © 2011-2017 Komekkun All right reserved

    スポーツサプリメント